Daily Archive: 2014年11月17日

ライトアップはLED照明で

ライトアップは対象物に効果的にを当てることによって美しく浮かび上がらせることを目的におこなうものです。
店舗などをLED照明で綺麗にライトアップすれば、わざわざ「光る看板」を設置せずとも、店舗そのものが「光る看板」として多くの人の目を惹きつけてくれることでしょう。

DSCF7776

ライトアップは目を引くけれども

ライトアップは見る人に非常に大きなインパクトを与えます。
上手に店舗などをライトアップすれば、店舗そのものが「光る看板」となって高い宣伝効果や集客力を期待することができます。
しかし、ライトアップは良いことばかりではなく、当然、マイナス面も存在します。
それは「光害問題」と「電気代の向上」です。

ライトアップは周辺への配慮を持って行おう

ライトアップには自然環境への影響があると問題視されている部分がります。
たとえば植物は開花時期が日長によって調節される例が多く知られていますが、人工的な照明がこれらの調節を狂わしてしまうという可能性があるというのです。
このような問題を「光害」と呼びます。
勿論、これはあくまで可能性の一つに過ぎませんが、せっかく綺麗にライトアップしてもこのような批判が出てはイメージダウンにつながることもあります。
ライトアップをする時は、周辺の状況に配慮したうえで行うようにしてください。

LED照明を活用しよう

周囲がライトアップをしても特に問題のない環境であったとしても、ライトアップを行う上で最も心配なのが「電気代」です。
ライトアップの規模にもよりますが、人目を引くようなライトアップにするには、それなりの電気が必要なのは必然。
そうなると、必然的に月々の電気料金の数字が恐ろしいことになりそうで、ライトアップを躊躇いてしまう方も少なくないでしょう。
しかし、このような電気料金の問題はLED照明を使うことでだいぶ改善されるみたいです。
例えば、東京スカイツリーもLED照明を使って綺麗なライトアップが行われていますが、あのような大規模建造物をライトアップしたとしてもかかる電気料金は1日当たり2万円程度らしいです。
東京スカイツリーですらこの程度なのですから、店舗に対するライトアップもLED照明を使えば月々の電気代は相当低く抑えることができます。
店舗をライトアップするときは、多少、初期費用は高くつくとしても、今後のことを考えて、ぜひ、LED照明を積極的に活用しえいきましょう!!。

照明方法を工夫しよう

LED看板は看板文字そのものを光らせる「フロント・ライト方式」が基本ですが、看板の照明方法としては他にもいろいろあります。
これらをうまく使い分けることで、魅力あるLED看板にすることができます。

sausage-denshoku

LEG看板の照明方法

LED看板の照明方法は次のようなものがあります。

  • フロントライト方式:看板文字そのものを光らせる方式
  • バックライト方式:看板文字の下側から光を壁面にあてる方式
  • バック・フロント方式:フロント方式とバックライト方式を両方組み合わせたもの
  • サイド・ライト方式:チャンネル文字の厚みの部分を光らせつ方式

照明方法の実例

foodDiningDolphinL

LED看板というと看板文字そのものを光らせる「ライト・フロント方式」が一般的ですが、あえてそれ以外の照明方法を採用して他のLED看板との差別化を図ることも大切です。
例えば、希望の形状にロゴなどを切り取り、背面にLEDを壁方向に取り付ければ簡単に間接照明のサインができあがります。
特に雰囲気を大事にしたい店舗などのサインにはこのような間接照明の看板ででおしゃれな雰囲気にすることができるのです。

LED看板とLED電光掲示板

LED電光掲示板は、LEDの光と動く文字で看板の何十倍も目立ち視線を引きつけることができます。
しかし、これだけで高い宣伝効果と集客力が得られるかというとそれは疑問です。
何故なら、業種や店舗名は常時表示されていないため、途中から見た人には何屋さんの宣伝なのか瞬時に伝わらないからです。
基本的にLED電光掲示板は通常の看板があってこそ初めて威力を発揮できるものであることを忘れないでください。

toro02

LED看板とLED電光掲示板は役割が違います

元々、LED看板とLED電光掲示板とでは求められている役割が異なります。
本来、看板の役割は一目で業種や店舗名がわかることです。
一方、LED電光掲示板は、LEDの光と動く文字で看板の何十倍も目立ち視線を引きつけること、そして看板には 書ききれない商品やメニューのPR、季節や時代の変化に合わせた新鮮な情報を発信する掲示板としての役割です。
いわばLED電光掲示板は通常の看板の足りない部分を補う補助的存在なのです。

上手に使い分けることが大切

LED看板自体がありふれたものになっている現在では、業種や店舗名のみを記したLED看板だけでは宣伝効果や集客力を期待することはできません。
その為にも人の目を引く電光掲示板の存在は不可欠です。
しかし一方で、「主無くして従成り立たず」といわれるように、本来の看板がなければ電光掲示板の上方も意味をなさないでしょう。
ある意味、看板とLED電光掲示板は、正反対の性格を持つ、お互い無くてはならない存在です。


LED電光掲示板の悪い使い方

多くの人の目を引くLED電光掲示板は上手く使用できれば、高い宣伝効果や集客力のアップさせることができます。
しかし逆に流す情報次第では、せっかくのLED電光掲示板も全く無意味なものになってしまうことがあります。

LED電光掲示板の内容は良く推敲して

次のようなケースはせっかくのLED電光掲示板の長所を台無しにしてしまいます。

やたらと長い

電光掲示板の長所は情報量を増やしても流れる文字の大きさは変わらず、またコストをかけずに最新の情報に更新できることです。
しかし、いくら流せる情報量が増やせるといっても、無駄に長い文章は掲示板を見ていた人は途中で読むのをやめてしまうでしょう。
電光掲示板の上方も基本的に看板と同じであり、キャッチフレーズなど一目でわかるものが望ましいのです。

その場で読んでも意味がない文章

例えば、電光掲示板で自分の店のホームページアドレスを流すケースもあります。
これはそのアドレスを見た人が後で公式HPにアクセスしてくれることを期待してのことなのでしょうが、はっきり言えば報われない可能性が高いです。
そもそも流れるアドレスをぼんやりと見て、正確に覚えられる人がどれだけいるでしょうか?
多くの場合、電光掲示板の内容は何となく見ているという人がほとんどであり、そういった人の印象に残る内容が望ましいのです。

MG4006T

LED電光掲示板の活用で集客力アップ

LED看板の中でも、LEDの光と動く文字で様々な情報を配信するものを「LED電光掲示板」と言います。
人の目は静止しているものよりも「光るもの」「動くもの」の方に注意がいきますので、看板の何十倍も目立ち視線を引きつけることができます。
また他にも様々な特性を持っていますので、電光掲示板をうまく活用すれば高い宣伝効果と集客をアップさせることができます。

A472_Z2

LED電光掲示板の特性を知ろう

LED電光掲示板はLEDの光と動く文字で看板の何十倍も目立ち視線を引きつけることができる他、次のような特性を持っています。

配信できる情報が多い

普通の看板は情報量を増やすほど文字が小さくなってしまいますが、LED電光看板なら文字が流れるので情報量が多くても同じ文字サイズのまま配信することが可能です。
これにより普通の看板では紹介しきれない店のアピールをじゃんじゃん流すことができます。

内容の変更が簡単

反応を見ながらいろいろなキャッチコピーを試したり、季節に合わせたメッセージを流したり、キャンペーン告知をしたりするなど、常に最新の情報を簡単に流すことができます。
更に内蔵タイマーで時間帯に合わせて自動でメッセージを切り替えることも可能です。
情報が変われば新たな客層も獲得できますので、LED電光掲示板をうまく活することが出来れば集客力アップも夢ではありません。

内容を工夫工夫しよう!!

いくら夜間に目立つLED看板とはいえ、「光る看板」としてLED看板が主流となっている現在においては、単にLED看板を設置しただけでは他のLED看板の中に埋没してしまう可能性があります。
高い宣伝効果や集客力を望むならば、看板の内容を工夫して他の看板との差別化を図る必要が求められているのです。

どんな工夫が必要か?

LED看板といえば、看板文字そのものを光らせるものが主流ですが、例えば次のような工夫を施すと他の看板との差別化が図れて、多くの人の目を惹きつけます

動きを入れよう

LED看板の中でもメッセージを流すなど動きがあるものを「電光掲示板」と言います。
人の目は静止しているものよりも「光るもの」「動くもの」の方に注意がいきます。
街に溢れる無数の看板、情報の中で、埋もれずに目立たせるためにも、このような電光掲示板で積極的なアピールを図ってみてください。

色を変えてみよう

動きの応用でありますが、光の色を変化させるだけでも与える印象は全く変わってきます。
特にLEDの特徴の一つに色変わりの演出が簡単にできることが挙げられます。
せっかくの特徴を生かさない手はありません。
看板そのものは平凡な形でも、色の演出次第では一気に化けることもありえます。

虫の寄らないLED看板

多くの長所を持つLED看板ですが、ちょっと変わった長所として、虫が集まらないという性質があります。
虫には光に集まる習性があるのですが、LED看板は夜間に爛々と輝いているにもかかわらず、虫は寄ってきません。
その為、夜間であっても見栄えが良く、また鱗粉などで汚れる心配も少ないのです。

natunomushi

何故、虫は集まるのか?

電灯がついていて、虫が寄ってきたり、あるいは自宅のシーリングライトを掃除しようとしたら中に多量の虫の死体が…ということはきっと多くの方が経験していることでしょう。、
これらは光に虫が集まってきた結果なのですが、そもそも何故、虫は光に集まるのでしょうか?
その原因は虫の走光性という特性と、紫外線にあるといわれています。

虫の走光性

夜間とぶ虫は、月や星の光を目印にして移動します。
これを走光性と言いますが、月や星の光の他に明るい電灯がある場合には、最も明るい光が優先され、結果として街灯や「光る看板」に虫が集まってくるのです。

原因は光よりも紫外線?

実は虫は光に集まっているのではなく、蛍光灯などの光が出している紫外線に集まってきているという指摘があります。
前述の走光性にしても、月や星の光そのものではなく、その光に含まれている紫外線に集まっているのだそうです。
つまり理論上で言えば、紫外線が含まれない光には虫は集まってこないのだということです。

「光る看板」にはLED看板が最適です

LEDの光は従来の蛍光灯などと比べて含まれる紫外線が少ないため、虫は寄ってききにくなっています。
よく「光る看板」に大量の蛾が集まってしまい、せっかくのデザインがほとんど見えなくなってしまったり、あるいは鱗粉などで汚されてしまうということがありますが、LED看板の場合にはそのようなことはほとんど起きないのです。
せっかく、目立つよう「光る看板」を設置しても、虫に邪魔されて見えなければその効果は発揮できません。
夜間の宣伝や集客力アップのためにも虫のよらないLED看板を使うことをおススメします。

高くて安いLED看板

最近は少し安くなったとはいえ、LED看板の価格は依然として高めです。
その為、購入や設置を躊躇いてしまう方も少なくないと思います。
しかし、LED看板はその後に得られるものの大きさを考えるならば、実はとても「安い」看板であるともいえるのです。

こんなにお得なLED看板

LED看板はそれ自体がとても目立つ看板であり、高い宣伝効果と集客力が期待できます。
しかしそれだけではなく、次のような効果も同時に得ることができるのです。

月々の電気代が格安に

LEDは電気を光に換える効率が高いので少ない消費電力で、LED看板を使うことができます。
結果として、月々の電気代を低く抑えることができるのです。
どれだけ抑えることができるかというと、例えば、同じ大きさの看板で白熱電球による電飾を行っていた場合と比較すると、電気使用量はわずか1/10、実に90%もの電気代削減が可能となるのです。
高い宣伝効果や集客力はあるのに、コストは削減できるのだからいうことありませんね。

照明切れによるイメージダウンが避けられる

LEDは非常に寿命が長く、破損等の事情がない限り照明切れを起こすことはありません。
電飾を施した看板はLED看板以前にも存在しましたが、店によっては知らないうちに電球の寿命がきてしまい、電飾一部が消えていたりするケースがありました。
このような看板は、宣伝効果や集客力を高めるどころか、むしろ店のイメージを損ないます。
寿命が長いLED看板ではそのようなことはなく、長く宣伝効果や集客力を維持し続けてくれます。

LED看板は先行投資?

結論から言えば、LED看板は高い初期費用を支払ってでも設置する価値は十分にあります。
いいえ、むしろ設置後に得られるものの多さを考えた場合には、むしろお得な看板といえるかもしれません。
確かに制作や設置など初期費用は高いLED看板ですが、見方を変えればLED看板は宣伝・集客・コスト削減と未来に大きな利益を生み出す先行投資と考えて良いでしょう。
目先の利益と、将来を見据えての先行投資、どちらが大切か言うまでもありませんよね。
ただし、無計画にLED看板を設置した場合は単なるムダな投資になってしまう可能性はありますので注意してください。

LED看板とネオンサイン

LED看板が登場する前、「光る看板」の代名詞といえば「ネオンサイン」です。
例えば、一昔前の夜の繁華街などでネオンサインは幻想的な雰囲気を醸し出す効果として大活躍していました。
しかし、近年ではネオンサインに代わりLED看板を使用する店が増えています。
この背景には、ネオンサインよりもLED看板のほうが経済的で、使い勝手が良いという側面があるようです。

LED看板とネオンサインはどこが違う?

LED看板とネオンサインは「文字、あるいは板面そのものを光らせる看板」という点では共通していますが、それぞれ独特の特徴を備えています。
両者をわかりやすく比較すれば、次のような違いがあります。

比較項目 LED看板 ネオンサイン
構造 配置された小さなLEDが光る 管が光る
発光 一方向(逆方向はほとんど目立たない) 全方向にまんべんなく光る
デザイン性の優劣 小さなLEDの組み合わせなので、複雑な形に対応し、隅まできっちり光らせることが可能です。 管を加工して制作するが、折り曲げ加工が難しく、文字・大きさ・形に制限があります。
カラー フルカラー可能、さらに色変わりの演出も容易にすることができます。 管やガスの調整によりフルカラーにはできますが、色変わりは基本的にできません。
寿命 長い(ネオンの約10倍) 短い
経済性 制作や設置の初期費用は高いですが、月々の電気代は安く済みます。 制作や設置の初期費用は安いのですが、月々の電気代は高圧電流を使用しなければならないこともあって高いです。
安全性 12Vの定電圧で運用が可能であるため、高いです。 運用にはAC15000Vの高電圧が必要であるため、危険度が高いです。

ネオンサインは完全になくなるのか?

LED看板はネオンサインと比較して経済性が高く、またデザインや演出の自由度が高いため、ネオンサイン以上の宣伝効果や集客力が期待できます。
このことからも「光る看板」の主流がネオンサインからLED看板になったのはある意味必然であったといえます。
しかし、ネオンサインからLED看板に完全に移行するかといえば、決してそういう訳ではないようです。
ネオンサインは発色がとても綺麗で魅力的であり、いまだ根強い人気があります。
また、LEDは正面からの視認性は問題ないのですが、角度があると視認性が若干落ちるとされているので、真正面以外の視認性も重視される場合には、ネオン看板がよく採用されているようです。
自分の店、あるいは会社で「光る看板」の設置が必要な場合には、機械的にLED看板を選べばよいという訳ではなく、使用する目的や設置場所をよく考えて、LED看板とネオンサインのどちらを選んだほうがより高い宣伝効果と集客力を得ることができるか考える必要がるということですね。