ライトアップはLED照明で


ライトアップは対象物に効果的にを当てることによって美しく浮かび上がらせることを目的におこなうものです。
店舗などをLED照明で綺麗にライトアップすれば、わざわざ「光る看板」を設置せずとも、店舗そのものが「光る看板」として多くの人の目を惹きつけてくれることでしょう。

DSCF7776

ライトアップは目を引くけれども

ライトアップは見る人に非常に大きなインパクトを与えます。
上手に店舗などをライトアップすれば、店舗そのものが「光る看板」となって高い宣伝効果や集客力を期待することができます。
しかし、ライトアップは良いことばかりではなく、当然、マイナス面も存在します。
それは「光害問題」と「電気代の向上」です。

ライトアップは周辺への配慮を持って行おう

ライトアップには自然環境への影響があると問題視されている部分がります。
たとえば植物は開花時期が日長によって調節される例が多く知られていますが、人工的な照明がこれらの調節を狂わしてしまうという可能性があるというのです。
このような問題を「光害」と呼びます。
勿論、これはあくまで可能性の一つに過ぎませんが、せっかく綺麗にライトアップしてもこのような批判が出てはイメージダウンにつながることもあります。
ライトアップをする時は、周辺の状況に配慮したうえで行うようにしてください。

LED照明を活用しよう

周囲がライトアップをしても特に問題のない環境であったとしても、ライトアップを行う上で最も心配なのが「電気代」です。
ライトアップの規模にもよりますが、人目を引くようなライトアップにするには、それなりの電気が必要なのは必然。
そうなると、必然的に月々の電気料金の数字が恐ろしいことになりそうで、ライトアップを躊躇いてしまう方も少なくないでしょう。
しかし、このような電気料金の問題はLED照明を使うことでだいぶ改善されるみたいです。
例えば、東京スカイツリーもLED照明を使って綺麗なライトアップが行われていますが、あのような大規模建造物をライトアップしたとしてもかかる電気料金は1日当たり2万円程度らしいです。
東京スカイツリーですらこの程度なのですから、店舗に対するライトアップもLED照明を使えば月々の電気代は相当低く抑えることができます。
店舗をライトアップするときは、多少、初期費用は高くつくとしても、今後のことを考えて、ぜひ、LED照明を積極的に活用しえいきましょう!!。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>